FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の奈良を楽しむnara 

大仏と、鹿と お寺以外で奈良で楽しむものと言ったら、季節の移り変わり。

9月になって橿原市の本薬師寺跡周辺では、休耕田を利用したホテアオイが見ごろを迎えています。
背丈の低いホテアオイが足元を覆うように広がっている様子は、都市部では中々お目にかかれない風景。

高さを増してきた秋空と畝傍山を背景にベストショットを狙う観光客やカメラ愛好家の姿も多くみられると思います。

花期の長いホテアオイですが、花が大きく開いているのは日中だけ。
早朝や夜には花を閉じてしまうけれど、10月頃まで楽しめるそうです。

休耕田を利用した水生植物ですので、畦道を歩くときには足元にご注意ください。
本薬師寺跡 ホテアオイ

本薬師寺跡 ホテアオイ

本薬師寺跡 ホテアオイ


ホテアオイに続いて奈良の風景に似合う彼岸花とコスモスもちらほら咲き始めているようです。

実りを迎える稲穂や案山子とコラボさせているところもあります。

秋の奈良が楽しめますよ。


瓦雑貨☆★MAGOHICHI★☆


孫七瓦工業株式会社
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。