FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺跡紹介 唐古・鍵遺跡 

昨日、マンホールの蓋のデザインで紹介した楼閣。
田原本にある唐古・鍵遺跡地に復元されております。

国道を南から北に向けて走っていると右手に見える森(藪)の向こう側に、周囲とは全く異なる不思議な建造物が目に入るのですがこれが復元されマンホールのデザインにもあしらわれている楼閣。
渦巻き状の屋根飾りが特徴的です。
200px-復元楼閣

ウィキペディアで調べると:
奈良盆地中央部、標高約48メートル前後の沖積地、奈良県磯城郡田原本町大字唐古及び大字鍵に立地する弥生時代の環濠集落遺跡。

とあります。
平成11年(1999年)に国の史跡に指定された行ってみれば新しい史跡ですが、学校の教科書にはしっかり登場します。
池のほとりにポツリっと立っており、気軽に見学できますよ。

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。