FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良で 菖蒲を見るNara 

菖蒲(あやめ)・菖蒲(しょうぶ)・花菖蒲(はなしょうぶ)・杜若(かきつばた) 
5月から6月にかけて、これからは「あやめ」や「しょうぶ」や「かきつばた」のシーズンですね。

「いずれがあやめ、かきつばた」という言葉、聞いたことありますか?
「あやめ」と「かきつばた」はよく似ていて見分けにくいところから来た言葉らしいです。

「あやめ」と「しょうぶ」はどちらも漢字で書くと「菖蒲」。
漢字は同じでも菖蒲(あやめ)と菖蒲(しょうぶ)は別物です。
菖蒲(ショウブ)とよく似た名前の花菖蒲(はなしょうぶ)も別物。
当然ながら「あやめ」と「しょうぶ」と「はなしょうぶ」の3種は別物です。 そこへ追い打ちをかけるかのように混乱させるのが「いずれがあやめ、かきつばた」の杜若(かきつばた)。

混乱の原因は幾つかあるようですが、まず漢字が同じだったり葉っぱや花が似てたり・・・。


植物学的には「花菖蒲(はなしょうぶ)」「菖蒲(あやめ)」「杜若(かきつばた)」はすべてアヤメ科アヤメ属。
対する菖蒲湯に利用されるの「菖蒲(しょうぶ)」はサトイモ科で別物、葉っぱがにているだけ

「花菖蒲(はなしょうぶ)」
特徴:葉が菖蒲に似ていて花を咲かせるから。
咲く場所:畑地でも湿地でも栽培可能
背丈:(80~100cm)
花:大輪。花の種類が多く紫系統の他に黄色や白、絞りなど多彩。「花弁の根元のところに黄色い目の形の模様」がある(花期:5月下旬~6月下旬)
hanasyoubu.jpg


「菖蒲(あやめ)」    
特徴:剣状の細い葉が縦に並んでいる様子が文目(あやめ)模様。花基部の網目模様からの説もあり。
咲く場所:山野の草地(乾燥地)に生える(湿地を好むことはない)。乾燥地で栽培可能
背丈:(30~60cm)
花:小輪、種類は多くないが「花弁の元のところに網目状の模様」がある(花期:5月中旬~下旬)
ayame.jpg


「杜若(かきつばた)」
特徴:かきつばたの色(青紫)を染み出させ布などに書き付けた、つまり衣の染料に使われたことから「書付花」と呼ばれていたのがなまったものだそうです。
咲く場所:水辺などの湿地帯
背丈:(50~70cm)
花:中輪。種類は多くないが、「花弁の弁の元に白い目型の模様」がある(花期:5月中旬)
kakitsubata.jpg


「菖蒲(しょうぶ)」
5月5日端午の節句の菖蒲湯に入れるサトイモ科の菖蒲はというと、花が咲くけどきれいな花ではなく、蒲(がま)の穂みたいな黄色い花なんだそうです。
imagesIDHX3IF7.jpg


さて前座はここまでとして、奈良県のおすすめ見所は
柳生花菖蒲園
信貴山のどか村の花菖蒲
馬見丘陵公園の花菖蒲
大和民俗公園の花菖蒲園
花の郷滝谷・花菖蒲園


既に咲きはじめや見頃の公園もありますので、HPなどでその日の開花情報を確認して訪ねてみて下さいね。



スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。