スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良のレンゲ畑 

先日、そろそろレンゲが見頃ですってアップしましたが。

奈良県の田園風景や塔頭に似合うレンゲ畑、どうやら激減しているそうです。


3、4年前なら車を走らせているとあちらこちらに見られた何反も連なるレンゲ畑、ぼんやり走っていると全く目に入りません。


田園風景と歴史的な遺物が人気の飛鳥地方でさえ、あまり見ることが出来ないと聞きます。

これって化学肥料の多用が原因だそうです。
蓮華草のようなマメ科の植物は空気中から取り込む窒素を窒素化合物に変えて体内に留めます。
その枯れたものを人が土に漉き込んで肥料にしていたのですが、化学肥料の手軽さからレンゲ畑が必要なくなってきたのが一番の原因だとか。

残念な話ですね。

こちらはドライブ途中に見かけたレンゲ畑


IMG_7292.jpg


IMG_7290.jpg


IMG_7289.jpg

ハイキングが心地よい季節です、ミツバチがせわしなく飛び回る広々したレンゲ畑を探してみて下さい。



屋根の事でお困りの時は屋根のお医者さん孫七瓦へ

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。