「弥生の宴」が今年もあるnara 

大和郡山市柳町にて 【弥生の宴】 が今年も開催されるそうです。

3/20(月祝)春分の日
大和郡山市柳4丁目25番地
郡山八幡神社境内
お問い合わせは090-6986-3255
着物選びの日時も確か2日ほど決まっているはず(限られた着物や帯ですので、早めに行くに限りますよ♪)
詳細はFBで「弥生の宴」で検索してください。

今年は当日の着付け予約は、FBのcoubic.com というサイトでで出来るのだとか。


今年は昨年に増してイベントの規模が大きくなっているように感じます。

◆さんにい市・・・飲食・雑貨など沢山のお店が並びます♪
 11:00~16:00  
※キッズスペースや紙芝居で、子供も1日楽しめます!

◆和モダンキモノふぁっしょんしょー(cream×オルタンシア)
 11:00~ プレファッションショー@asmo※近鉄郡山駅前商業施設
       『カジュアル』

 -----↓↓↓↓ 有料観覧席(500円)有り! ↓↓↓↓----------
 14:00~ メインファッションショー@郡山八幡神社
       『着物で彩るハレの日』
 14:30~ 一般ランウェイ@郡山八幡神社
       『なりきりモデル』※当日参加者を募集します
 15:00~ 模擬 銀婚式@郡山八幡神社
 
【ビューティーブース】
 ・着付け体験(着物レンタル¥1,000/着付け¥1,000)※予約優先
 ・ヘアアレンジ体験(¥500)※当日先着順
kimono rental


◆武将すごろく合戦 in 大和郡山 も同時開催!
 10:00~16:00  すごろくMAP片手に町を探索♪


非常にリーズナブルな価格で着物レンタルができ、着付けとイベント共済の美容室のスタッフさんによるヘアアレンジも
普通に美容室で着付けやヘアセットをしていただく価格とは比べ物にならない素敵な価格(⋈◍>◡<◍)。✧♡

着物というと決まりごとが多くて敷居が高く感じますが、このイベントでは、「和モダン」な着こなしが主流。
ポシェットを下げたり、帽子を被ったり、足元にはブーツを合わせたり。
メンズの着崩し方も、思わす振り返って見てしまうようなカッコいい雰囲気だったり。

yayoinoutage2016.jpg   yayoinoutage.jpg
 
 11059543_1019961854738911_2471371356201451355_n.jpg



着物は事前予約をしないと、素敵な柄の物は無くなってしまうかも。
素敵に和モダンな着付けをしてもらった後は、城下町を散策したり、神社の境内ほかに出ているお店をのぞいたり。

非日常のとても楽しい一日が過ごせそう。
実は昨年和モダン着物の着付けをしていただき楽しい1日を過ごしたジムっ子、イベントを知らない皆さんに是非知ってほしいです。
シェアお願いしますね~~

昨年の様子は地元新聞に取り上げらてました。


瓦コースター

孫七瓦工業株式会社
スポンサーサイト

和を楽しむNara 

やってきますよ年末年始。
初詣、どこに行かれますか?

自分ではきれいに着ることが出来ないけれど、1月くらいは着物を着てみたい(⋈◍>◡<◍)。✧♡
って思っている人、結構多いですよね。

箪笥の肥やしになっているけれど、実は着れないとか。
誂えてもらったときから ☆♢年経ってるので柄が年齢に似合わないとか。
振袖はあるけれど、普段着の着物でお出掛けしてみたいとか。
彼氏さんや旦那さんと、ペアで着物着てお寺巡りがしてみたい・・・・・などなど。

そんな時は、一日レンタルの着物のお店が奈良市内の便利な場所に有るのですよ。

着付けと小物、ヘアセットがセットになっていて数千円/1日
という何とも素敵なコスパ。

美容院で成人式の着付けとヘアセットなんてして貰うとそれだけで数千円してしまうのに💛
これはデートのプランに是非( ..)φメモメモ
彼女や奥様にこんなサプライズデートを誘ってみるなんて、新年早々 株が上がるんじゃないかなぁ~

http://www4.kcn.ne.jp/~sara/
奈良市十輪院町9(十輪院斜め前) 和服で奈良まち散策着物で奈良を歩いてみませんか。

http://www.rifrekan.com/sakura_rental/
JR奈良駅・近鉄奈良駅スグ!奈良公園・東大寺・興福寺・春日大社に近いレンタル着物店。

http://kikazari.jp/
着飾処 雅は、世界遺産奈良を着物で楽しめるレンタル着物のお店です。着付けはもちろん小物全般まですべてがセット!手ぶらでOKお手軽に着物姿に大変身。

http://nikkori-nara.com/
寺社仏閣に一番近いレンタル着物ショップ。

さて、事務っ子の2016年もそろそろ仕事納め。

来年はもう少し頻繁に更新を頑張ろう!

瓦雑貨☆★MAGOHICHI★☆

孫七瓦工業株式会社

初詣にお参りするnara 

2016年もあっという間に師走。

会社の年賀状は刷り終わりましたが、個人の年賀状は漸くハガキを買ったという12月下旬
大丈夫なのか…我が家(+o+)

さて、まもなく訪れる年末年始。
大晦日から三が日にかけて寺社仏閣に初詣に出かける方も多いことと思います。

なので今回は、奈良で人気の ド定番 初詣スポットのご案内。

東大寺:
     元旦の0時より大仏殿中門を開扉。1日の8時までは無料で参拝できます(元旦のみ)。
     大仏殿正面の桟唐戸が開かれ、そこから大仏さまのお顔を参拝することができる。
     大仏様のお顔をこの窓から眺められるのは、この日と8月15日の万灯供養会の夜の年2回だけ。
     中門の基壇上から見上げるとちょうど窓の中に大仏さまのお顔を拝むことができるそうです。
薬師寺:
     大晦日は午後十時半~午前三時まで白鳳伽藍を無料でご参拝いただけます。
春日大社:
     初太鼓、歳旦祭 午前0時に、一番太鼓とともに「初詣」が始まります。
橿原神宮:
     初太鼓 開催日時/1月1日 0:00~
安倍文殊院:
1月1日午前0時より入試合格・厄除けの初祈祷


todaiji-syoro-4.jpg
鐘をついていらぬ煩悩を落とすのも 良いですね。

その他、人気の社寺。
興福寺
唐招提寺
西大寺
般若時
長谷寺
大神(おおみわ)神社
金剛寺
室生寺
岡寺
飛鳥寺

いずれも初詣の臨時バスや電車が運行されるため、ほろ酔い気分でも気軽にお参りが出来るようです。
公共交通機関の運行ダイヤが発表されるのは年末間際になってから。

社寺によって個々のイベントがありますが、お寺においては大晦日の11:45頃より煩悩の数と同数と言われる108の除夜の鐘がつかれます。
鐘のつき方は、お寺の方のみ、整理券順に参加者が108つく、108以降は回数に関係なく希望者がつくなど、まちまちですので、お参りをされるお寺のHPなどでご確認くださいね。

初詣豆知識①
10円玉は“とおえん=遠縁”にかけて「願い事との縁が遠のく」と言われているので避けた方が無難。
一方、縁起がいいとされるのはご縁があると言われる5円や、終始ご縁があるという45円。良いご縁を願うときは115円で。

初詣豆知識②
参道(参拝するための道)の真ん中は「正中」と言われる神様が通る道。参拝者は端によって歩くのがしきたりです。初詣の時期は、右側通行、左側通行が決められている神社もあるので指示に従ってお参りしましょう

瓦雑貨☆★MAGOHICHI★☆

孫七瓦工業株式会社

9月の奈良を楽しむnara 

大仏と、鹿と お寺以外で奈良で楽しむものと言ったら、季節の移り変わり。

9月になって橿原市の本薬師寺跡周辺では、休耕田を利用したホテアオイが見ごろを迎えています。
背丈の低いホテアオイが足元を覆うように広がっている様子は、都市部では中々お目にかかれない風景。

高さを増してきた秋空と畝傍山を背景にベストショットを狙う観光客やカメラ愛好家の姿も多くみられると思います。

花期の長いホテアオイですが、花が大きく開いているのは日中だけ。
早朝や夜には花を閉じてしまうけれど、10月頃まで楽しめるそうです。

休耕田を利用した水生植物ですので、畦道を歩くときには足元にご注意ください。
本薬師寺跡 ホテアオイ

本薬師寺跡 ホテアオイ

本薬師寺跡 ホテアオイ


ホテアオイに続いて奈良の風景に似合う彼岸花とコスモスもちらほら咲き始めているようです。

実りを迎える稲穂や案山子とコラボさせているところもあります。

秋の奈良が楽しめますよ。


瓦雑貨☆★MAGOHICHI★☆


孫七瓦工業株式会社

中秋の名月(平成28年9月15日)花扇奉納行列 と 管絃船の儀 

前回の記事を書いたのが4月、桜の季節。

更新しなくちゃ・・・・しなくちゃ・・・・・しなきゃ・・・・・・・・

と思いながら月日は流れ はや9月。



そろそろ秋の気配が感じられる朝夕を迎える日も時折ありますよね。
ってことで、本日の記事は、まもなく迎える中秋の名月と奈良市で行われるイベント関連の情報です。

奈良観光のスタート地点として、周囲に駐車場も多く興福寺の五重塔の映り込みをとるカメラマンが被写体にすることの多い猿沢池。
少し前から、この有名な池にに朱を基調にしたカラーリングの管絃船が見られるそうです。

本番となるのは、中秋の名月(平成28年9月15日)
   花扇奉納行列17時~
   神事18時~ 
   管絃船の儀19時~
1314246531.jpg




本番の9/15を迎えるまでに下記の日程で管絃船乗船体験ができるそうです。
本来ボートなどの係留されていない猿沢池で、管絃船に乗船しいつもとは異なる低さからの風景を体験することが出来るそうです。

日時/9月9日(金)・10日(土)・11日(日)・14日(水) 10時~16時 ※14日は15時まで

場所/猿沢池 采女神社前 ※雨天中止

協力金/大人1,200円  こども600円(5歳~小学生)

※采女祭絵馬付き


瓦雑貨☆★MAGOHICHI★☆

屋根修理 孫七瓦工業
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。